事故と自動車保険

事故を起こすと保険料が上がる

事故を起こすと自動車保険は

自動車保険には等級という独特の制度があります。この等級は、新規契約をする時には6が適用されてその後契約期間において事故を起こし補償適用を受けたかどうかにより変わっていきます。契約期間内に補償の適用を受けることがなければ、数字は6から7に進んで料金は前年より割引になります。逆に補償を受けると、等級の数字は小さい方に戻って料金は前年度より割増となります。つまり、等級の制度によってその契約の事故を起こした履歴を示し、その履歴をリスクとして料金に連動させるのが等級制度の概要です。他の商品同様、自動車保険においてもハイリスクの契約では料金が高く設定される仕組みです。

自動車の備えの選び方は

自動車保険は会社により料金が大きく変わってきます。料金が高いものですので、できるだけ安く抑えたいと思っている方が多いのではないのでしょうか。会社によっては、ゴールド免許保持者や、毎日車を使用しない方は料金がやすくなるなど変わってきます。自動車保険はネット上で一括見積などのサイトも数多くあり、見積もりを依頼すると沢山の会社からメールなどで料金の見積書をお知らせしてもらえるサービスがあります。料金が安く、事故が起こったときに信頼できる会社を探し契約することで料金を抑えることができます。信頼できる会社かどうかは、ネット上のクチコミや周囲の人に聞くなどして判断しましょう。

自動車保険の情報

↑PAGE TOP